2018年7月19日木曜日

ダブルパンチ








ダブルパンチとは、よく聞く言葉ですが。。。
先日の大雨で、ちゃれすくーるの畑が全部流されてしまいました。













収穫直前のトウモロコシもキレイに流されました。
頑張って、残ってくれたビーツを今日は収穫してきました。
畑の活動を通して、多くの事を学ばせて頂きました。





また、我々が多くのことを学ばせて頂いている、ボトムアップ理論を提唱されている広島安芸南高校サッカー部の皆様が近隣の被災された地域にボランティアに出られていることも知りました。
まずは、自分達の目の前のできることを少しずつ復旧していきたいと思います。


2つ目のパンチはカブトムシです。


15匹ほど、手に入れ、産卵を待っていたところ、今日の活動で孵化しやすい環境をと考えていましたが、1匹だけ死骸がありましたが、その他1匹もいなくなりました。
逃げ道はないので、おそらく人為的な事が原因かと思われます。

悔しくてしかたがないです。 残っていた3つのタマゴを大切に育てます

2018年7月14日土曜日

「君だからできる隠れた自然の魅力発見ツアー」


先日米子フリースクールと
鳥取の自然の海のアクティビティを体感してもらおうと
フリースクール間の交流会
「君だからできる隠れた自然の魅力発見ツアー(シーカヤックで山陰ジオパークを探検)」
を無事行うことができました。







網代港を抜け、洞窟探検です!
ナビゲーターは鳥取の自然アクティビティの達人ちゃれすくのM。


この交流会を実施するにあたり
もともと、フリースクール間で行う交流事業は難しい側面が多くあると推測していました。
例えば、所属している施設への登校も不安定な場合もあったり、
他者とのコミュニケーション作りに課題のある場合もあったり、
実施日当日の参加者がいない場合もあるだとうと。
実際ちゃれすくーるの子どもたちは、やってみたいが何らかの理由で欠席を決めた利用者や
現地まで行ったが、漠然とした不安から見学をした利用者もいました。
(鳥取では準備も含め、全員のスタッフが交流事業に関わるため、欠席した利用者と施設内で通常の活動ができなかったこと申し訳なかったです)
このように、日常的な支援指導の場面では大丈夫なことも交流事業となると
ある種のイベントとともなり、また自然アクティビティのため最大限のリスクマネジメントが指導者にも求められます。
でも、このような現状であっても交流事業を実施する理由は一つ

「非日常体験を通して楽しんでもらいたい」。



大雨の数日前で天気はかんばしくありませんでしたが、参加した米子の中学生の生徒さんは
米子行きの帰りのバスのエンジンが故障するというアクシデントにもあいながら
「また鳥取でやってみたい」と。
この言葉はうれしいものです!





2018年6月19日火曜日

変化

周りのオトナは気付くことが出来ない変化はこども達にとって大きな変化である。
宿題をしていないことには驚くほど敏感に気付くオトナ達も
昨日よりゲームする時間を短くしたことや、「いただきます」を言ったことに気づくことがないときもある。
だからと言って、アカラサマニ誉めてもらうことするわけでもなく、ただ今の自分よりも少しだけ成長したいと思っている。
1㎝だけ成長したチャマメの苗のを見て「大きくなってる!」と笑顔でいえる彼らは、自分も少しだけ成長していることに気づいているのだろうか。


2018年6月13日水曜日

同じ時間の同じ場所

気がつけば毎週夜間登校し始めた。今日はじめて担任のセンセイが教室で合流した。
これまで担任のセンセイに会えるまで16ヶ月。なんとかちゃれすくで会えるようになったものの、
センセイにとってはアウェイな感じだった。
自分のクラスの教室で自分が担任する生徒とようやく会えた。
次から次と話が止まらない。当の本人は、ツルツルの床でスリッパサッカーをやりはじめる。
教室でやることかどうかではなく、教室で無邪気に過ごす自分の生徒にとにかく話しかけたい。
「同じ時間の違う意味」が「同じ時間の同じ意味」になり、「同じ時間」を「同じ場所」で過ごせるようになった。
先生方本当にありがとうございました。

2018年6月7日木曜日

ちゃれすく野菜市

今年も新鮮野菜の栽培に頑張っています。
不定期開催ですが、基本的には木曜日の午前中に収穫して
午後は選別と袋詰め作業。
ポップを書いたり、看板書いたりして陳列準備。
植え付け、栽培、収穫、選別、販売準備
どんな野菜が好まれて、どんな商品が売れるのか。
購買意欲を高める陳列や、ポップの書き方。
勉強になります。
野菜市での売上は、こども達の活動や施設の整備に役立てさせて頂きます。



2018年6月6日水曜日

同じ時間の同じ意味

16ヶ月学校から離れていた生徒にとって、恐怖との戦いの時間が始まった。
学校というモンスターとのタタカイ第二弾。
20:00に今日も登校する。
19:40約束より少し早く学校に到着。予定通り来るであろう生徒を待つ。
玄関前を前回と違って足早に帰宅するセンセイ達の姿があった。
 19:45
玄関前で立ち話をするセンセイが登場。不安になる。
19:50心配になり少し早いが車から降りる。
こちらに気付き、慌てて帰宅。
19:57ははの車にのって到着。
忍者のように足早に登校。
一切先生方の気配を感じない。
気を使って、明日の総体準備をされていたことは、帰りに玄関前に積まれていた荷物で分かった。
滞在予定20分が今日は50分滞在。
ありがとうございました。
今日も、教室に自分の居場所を設置しました。
来週もまた、同じ時間に同じ意味を共有できそうです。
情報の共有の大切さ。先生方の暖かさ。
感謝してもしきれません。
自分を受け入れてもらえたと思えたとおもいます。
最高の笑顔でした。
ありがとうございました!
総体頑張ってください。健闘をお祈りします。

2018年6月4日月曜日

その時どきに必要なこと

不登校になってこども達はその時その時に気持ちや考えは変わるもの。
不登校じゃなくても、こどもじゃなくても、気持ちや考えは変わるもの。
変わるのは当然で、変わるから少しずつ成長する。
夜は「明日は学校へ行こう」と思うけど、朝になったら、「やっぱり無理」と思う。
周りのオトナそれに振りまわされて、疲れたように言うけど、もともと不登校なんだから、振り回されたように思ってもそれは、周りの都合。
だから、「学校へ行く」と言えばそのように、「休む」と言えばそのように。
今はそういうときなんです。全て計画通りだから大丈夫。
その時その時に必要なことをしていきましょう。